【レーシックやICL後】免許証「眼鏡等」の解除方法

免許証 暮らし

私の免許証には「眼鏡等」という一文があります。。

みなさんの運転免許証には何と書かれていますか?

ICL手術(フェイキックIOL)を受けて視力が上がったので、免許証の「視力限定解除」に行ってきました。

今回はその手順について解説します。

視力が回復したICL手術については「【視力回復】ICL手術(フェイキックIOL)の体験記(術前~1週間)」と「再手術?ICL手術から1週間【両目視力は1.5】」 をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

「眼鏡等」解除とは?

正式には「眼鏡等条件解除」というそうです。

警視庁によると、ICL手術やレーシックで視力が上がった方は免許証にある「眼鏡等」を消さないといけません。

めんどくさいですが、違反すると罰金などが科されるのでしぶしぶ行ってきました。

放置すると減点+罰金の可能性も

道路交通法を調べてみました。

第91条「免許の条件等」には、その人が車両を運転するために必要な条件が書かれています。


(免許の条件)

第九十一条
 公安委員会は、道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要があると認めるときは、必要な限度において、免許に、その免許に係る者の身体の状態又は運転の技能に応じ、その者が運転することができる自動車等の種類を限定し、その他自動車等を運転するについて必要な条件を付し、及びこれを変更することができる。
(罰則 第百十九条第一項第十五号〔三月以下の懲役又は五万円以下の罰金〕)

引用元:道路交通法

条文をみると、万が一手続きをしていないのが見つかると免許条件違反となり、「2点減点」+「罰金7千円」を科される可能性があると書かれています。

事前の準備

都内で手続きができるのは3か所

都内で手続きができる場所は以下の3か所です。

いずれも受付は午前8時半~午後4時です。

  • 府中運転免許試験場(府中市)
  • 鮫洲運転免許試験場(品川区)
  • 江東運転免許試験場(江東区)

限定解除に関しては警察署で手続きができません。

免許センターは混雑しているイメージがあるので避けたかったのですが、仕方ありません。

持ち物は免許証だけでOK

必要な持ち物は「免許証」の1点のみ。

手数料もかからず無料でしたし、写真や印鑑なども不要でした。

スポンサーリンク

手続きは1時間以上を覚悟すること

それではいよいよ実際の手続きです。以下の順番で手続きします。

  1. 申請用紙をもらう
  2. 視力検査する
  3. 申請書と免許証を提出する
  4. 限定解除された免許証を受け取る

たったこれだけですが、私は1時間以上かかりました。

いざ試験場へ

私は自宅から最も近い府中に行きました。

ネットで「いつも混雑しているが、午後だとすいている」という情報があったので、午後3時前に到着。

手続きは⑨「住所変更(教習所連絡)」という窓口で行います。番号札をもらうと、26人待ちでした。順番がくると窓口で申請用紙がもらえます。

こちらが申請用紙。太枠内を記入し、②「適性検査(目の検査)」に行きます。

申請用紙の裏側。やはり手数料はいらないみたいです。

両目の視力が0.7以上で合格

いよいよ視力検査です。ちなみに合格基準は以下の通り。


両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上、又は一眼の視力が0.3に満たない方、若しくは一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上です。

引用元:警視庁HP

※中型第一種免許(8㌧限定中型)、準中型第一種免許(5㌧限定準中型)、普通第一種免許、二輪免許、大型仮免許、中型仮免許、準中型仮免許の場合です。

流れ作業的に左目、右目、両目の視力を測られ、1分程度で検査が終了。コンタクトレンズをつけているかどうかも聞かれませんでした。

⑨の窓口に戻り、再び番号札をとって待機。申請書と免許証を提出すると、また待つように言われます。

ついに免許の交付

ひたすら待ち続けると、職員が大声で名前を呼んできます。

(プライバシーとかないのか・・・苦笑)

限定解除された免許証を受け取ります。

限定条件解除をした免許証

受け取ると手続きは終了!このとき、到着してから65分が過ぎていました。必要な手続きとはいえ、なかなか骨が折れました。

まとめ:時間がかかるからこそお早めに

以上になります。

簡単な手続きなのに時間がかかりました。

普段車を運転しない人もいつ運転する機会がくるかわかりませんので、早めに解除しておくことをおすすめします。