【独立】12月が狙い目。退職はタイミングが重要

パソコン 働く

これまで独立に関する記事を書いてきました。

今回は退職のタイミングについて書こうと思います。

仕事を辞めるのって人生では大きなイベントです。だからこそ最高のタイミングを狙いましょう。

私見ですが、退職のタイミングは12月末がベストだと思います。私も有休を使いきり12月に合わせて退職しました。

その理由を解説します。

独立に関しては「【独立】正社員を辞める前に考えること」「【独立】退職を決めてからやることリスト」などの記事もあります。

理由①ボーナスをもらえる


Photo by Alexander Mils on Unsplash

長い期間、毎日頑張って働いた会社です。せっかくなのでボーナスまでもらって辞めないと損です。

ほとんどの会社は6月と12月にボーナスがもらえると思います。これを逃すと手取りに大きな差が出ます。

独立直後は何かとお金がかかるので、少しでもお金を確保しておくと安心です。

また、多くの会社は4月に部署替えがあります。6月に退社する場合、4月か5月に退職の意向を伝える必要がありますが、新体制になった直後に退職を伝えるのは難しいため、あまりおすすめできません。

引き継ぎなどに時間がかかるので、6月退社は比較的ハードルが高いと思います。

理由②引っ越しをしやすい

退職は新たなスタートでもあります。退社にともなって引っ越しすることも多いと思います。

独立は自分がしたい時期にできることなので、わざわざ不便な時期を選ぶ必要はないと思います。

春は入社や異動の季節なので、新しい物件を抑えるのは難しかったり、引っ越し料金も高かったりします。

年金や社会保険の手続きをするにしても、春を避けた方が混雑しません。

理由③新年で気持ちの入れ替えもできる

12月で退職して新年を迎えると、気持ちを一新できます。

退職はものすごく体力や気力を使う作業です。一度上司に退職を伝えると、大量の雑務に追われるので気が休まる暇がありません。

疲れてしまっては独立の準備がおろそかになってしまうので、上手に気持ちを切り替えられるイベントがあると次のスタートをうまく切れると思います。

その意味で1月1日を節目に持ってくることはおすすめです。

まとめ:できれば円満退社で

理由は以上になりますが、正直いって退職のタイミングをコントロールするのも難しいです。

なぜなら会社はこちらの都合に合わせてくれないからです。

よほど理解のある会社でない限り、ボーナスを支給しなくていいように退職時期を早められたり、有休を使わせてくれなかったりします。

自分の思い通りにするためには「円満退社する」ことだけが重要です。

しっかり準備をして円満退社を目指しましょう。