宅浪必見!受験勉強のモチベーションが上がる方法

勉強 暮らし

勉強のやる気がでない・・・

受験生、いや誰もがこんな経験ありますよね。長く勉強をしていると、モチベーションが下がって机に向かうことができない日があります。

私は「普通科出身ではなく」「フリーターから」「宅浪1年半で」中央大学法学部にセンター利用で合格しました。毎日14時間くらい勉強しましたが、机に座る意欲がわかない日、集中が続かない日もありました。

この記事では「受験勉強でやる気がでない時のモチベーションが上がる方法」を紹介していこうと思います。大学受験以外にも使えると思います。

▼フリーターから宅浪成功の方法はこちらをお読みください。

宅浪成功のカギはモチベーションと効率だ

やる気が出ない原因は??

まずやる気が理由は何でしょうか。大きく分けると次のようになると思います。

危機感が足りない

わかっているけどやる気がでない・・・という君、

受かる気あります?なんとかなるって思ってません?

試験日がずいぶん先とだから現実味がないということが原因だと思います。でも受験は点数を取らないと受からないし勉強しないと点数は伸びません。

学校にも仕事にも行かないのは就学前以来だと思うので、宅浪をすると夢の中にいるような気分になるんですよね。

目標があいまい

勉強する目的や目標がないと、頑張ろうという気持ちがわいてきません。

  • 志望校には本当に行きたいか
  • 今の勉強は本当に合格に必要なのか

こうしたところが明確になれば自然と机に向かわなければいけない理由が見えてきます。

「できるだけ難関校を狙いたい」という目標も立派ですが、志望校や学科などに迷いがある場合は変更するのも手です。進学先はこれからの人生の大切な岐路なので変更するのは早い方がいいです。

ストレスや疲れ

単純に肉体的・精神的な疲れの場合もあります。

体調不良やストレスは自分で管理するしかないので、睡眠不足なら寝る、体調不良なら病院に行く、定期的にストレス発散する意識は大事です。

やる気・モチベーションアップにはコツがある!自分の法則を知ろう

鉛筆

巷には受験対策の本がたくさんあり、やる気やモチベーションをテーマにしたものも少なくありません。

方法論はどれも同じということに気付いていましたか?

結局やる気というは人間の脳や心の問題なので学問的な答えがあるんです。人体の勉強をせず、「そういう仕組みなのか」と呑み込んで「自分のやる気がでる法則」を見つけることが重要です。

紹介されているパターンは大体こんな感じに分類できます。

  1. 誘惑を取り除く
  2. 作業興奮(とりあえず机に座ってみるなど)
  3. 締め切りを作る
  4. ポジティブ・ネガティブな情報で(想像を含む)自分を刺激する
  5. リフレッシュ
  6. 仮眠
  7. 環境を変える
  8. 心拍数を上げる
  9. 脳内の酸素量を増やす(深呼吸)

この中で自分の法則を見つけましょう。

スポンサーリンク

私が実践した方法

勉強

志望校のパンフレットを見る

これぞモチベーションアップの王道です。

志望校の広くて綺麗なキャンパスを見ていたら自然をやる気がでてくるはず。そこに通っている自分の姿をイメージするとさらに◎です。

短くて具体的な目標を立てる

受験生は必ずやるべきことです。

志望校合格だけだと遠すぎるので、今月や今週の目標を立てましょう。

注意したいのは「できるだけ具体的にたてる」ということ。模試の点数なら教科ごとに「現代文7割、古文6割、漢文8割」などと細かく目標を設定するのがコツです。

大学入学後にやりたいことを書く、見返す

キャンパスライフ、憧れることはたくさんあると思います。思い浮かぶたびにノートに書き、やる気がなくなってきたら見返しました。

一人暮らし、サークル、アルバイト、海外留学、インターン、投資、起業、キャンプ・・・

想像するのは自由です。誰にも見せなくていいので

スガシカオの「progress」を聴く

聞くとやる気が出る曲です。

特にNHKの「プロフェッショナル」の主題歌だったこの曲。私はこの番組を見て調理師免許を取ったこともあり、何度聞いても心を動かされる曲です。

この他には、ドラゴン桜の主題歌Melodyの「Realize」も受験勉強の励みにしていました。

これまでの勉強の成果(模試の結果など)を見る

たまに、受験を振り返って自分を称えました。

模試の点数もはじめより上がっていることでしょう。素直に自分の頑張りを褒めるといいと思います。

スケジュール帳を見るとこれまでの勉強の軌跡が書いてあるはずです。これまで書きつぶしたノートの山も自信につながります。

私は鉛筆で勉強し、最後の円錐の部分になるまで使いました。受験が終わるまでに20本くらいたまったので、これを机の前に並べておくと、謎の満足感がありました。笑

受験失敗後の最悪のパターンを想像する

宅浪はずっと自由な時間なので気持ちが緩みがち。

私は最悪のパターンを想像することで緊張感を保つようにしていました。

  • 履歴書に1年半空白期間ができる
  • 面接で宅浪の期間を「受験勉強」と答えるも、「進学校じゃないし、どうせ遊んでいたんだろう」と思われる
  • 近所の人にただの引きこもりと思われる
  • 地元でやりたくない仕事をして生きていく
  • 受験で途絶えた交友関係が戻らなくなる
  • 車代、生活費を親から借りないといけなくなる
  • 身の程知らずなことを言って恥をかいたまま
  • 口だけのやつというレッテルを貼られる
  • 人生の再チャレンジの機会を失う(と思っていた)

当時の自分からすると、全部恐怖でした。

これらが嫌すぎるので頑張れました。

スポンサーリンク

漫画「カイジ」を読む

自分にとってはやる気が出る漫画でした。

ただの賭博漫画なんですが「勝たなきゃゴミ」「結果こそ全て」「人生に仮などない。全て本物だ」など、奮い立つような名言がたくさん出てきます。

登場人物もフリーターが多いので、不合格後の人生のイメージとしてはリアルでした。小説や映画とは違い、漫画は読むのに時間が大してかからないのでオススメです。

友達が何をしているか考える

やる気がでない・・・

そんな時、同級生たちは今なにをしているんだろうとよく考えていました。

私は調理師の高校に行っていたので、友達はみんな就職しています。みんな既に給料を稼いでいるなか、自分だけ「やる気がない」とかほざいている・・・

やばい!勉強しないと!

あまりにリアルすぎて心臓の鼓動が早くなったものです。

一度仕事をしたらわかるのですが私にとって勉強は楽でした。ブラック企業で仕事するくらいの熱量で勉強すれば1日12時間くらいは我慢できるからです。

親が職場などで気まずい思いをしていることを考え、自分を追い込む

想像シリーズです。たくさん想像しました。

親は同僚に子供のことを聞かれたときに何て答えているのか?父親は?兄妹は?

進学校じゃない、フリーター、宅浪など、親世代がネガティブな印象をもつ言葉ばかり持っていました。

さすがに受からないときついなあ、と思いながら机に向かったことがどれだけあるか。

逆境を楽しむ

私はポジティブであり精神的なタフさに自信があります。だから私は最悪のパターンを突き詰め、それを楽しみました。

「高卒」「半年で仕事辞めた」「受験の約2年間、履歴書が空白」「身の程知らずな受験をした」

不合格だと不利なレッテルがたくさんつきます。

しかも、出身高校からマーチ以上の進学者がいなかったし、受験半年前に実家が被災しました。

ここまでやばい状況で受かったら逆にすごいんじゃないか?

こう考えてやる気を出しました。

受かったらメディアに取り上げられて本を出して・・・などとも想像しましたが、それはありませんでした。笑

お菓子を食べながら勉強する

ストレスがたまるとドカ食いする人がいます。私もその部類かもしれません。

何かを食べたくなったら我慢せずに食べてしまってもいいと思います。食べるだけで勉強に集中できるなら儲けもんです。しかも飲食しながらでも勉強はできます!笑

太りたくなければその分、勉強してカロリーを燃やしましょう。

髪をセットして外出用の服を着る

これは自分なりの方法です。毎日、髪にワックスを付けて外出するような服装に着替えて勉強していました。

服装でオンオフを使い分けたということです。身なりをキメた方が頭もすっきりするような気がしました。

すぐに寝ないためでもあります。

30分仮眠する

私は眠気を我慢せず、眠くなったら30分寝てました。

「眠いけど勉強しよう」と我慢する代わりに「寝るけど30分後に起きよう」という発想に替えました。

スケジュールにはない勉強をする

まともに勉強をしたのが小学校以来だったので、私は勉強の楽しさに目覚めていました。

苦手な国語の集中力が切れてくると、好きなだった世界史などの科目に切り替えて勉強していました。

勉強のストレスを勉強で発散するって最強じゃないですか?

歩きながら勉強する

部屋のなかで歩いていました。いつも座って勉強しているので気分転換にもなるし、運動不足も解消できて一石三鳥。

そもそも体を動かすと脳が活性化されるので暗記などに向いています。

まとめ:自分を知ることが大切

以上、勉強のモチベーションアップの方法でした。

結局のところ、人は何かの刺激がないとやる気がでません。やる気をコントロールするのも勉強のうちと思って自分なりの方法を探しましょう!

それでは!