裏側歯列矯正(抜歯1本)から2年経過【費用、痛み】

暮らし

2017年7月から裏側歯列矯正(抜歯1本)をして、2年が経ちました。

とても満足していますし、家族や人にも勧めたいです。

 

歯列矯正をしていると多くの人に興味を持たれたので、途中の感想を書こうと思います。

歯列矯正をしていると「痛くない?」と言われますが、私は痛みはほぼゼロでした。

 

あえて不満を言うなら、「もっと早くやっておけば良かった」くらいです。

仮に過去に戻っても矯正だけは絶対やると思います。

 

経緯/施術は90万円+通院費

出っ歯なのがコンプレックスでしたが、金属ワイヤーが嫌で矯正していませんでした。

 

裏側矯正を知ったこと、貯金がたまったことが大きな理由ですが、

噛み合わせが悪く、食事の度に歯茎を傷めていたので矯正を決意しました。

 

施術は90万円でした。

毎月の通院に2000~5000円を支払っているので、計110万円未満に収まりそうです。

 

抜歯は1本だけ。

歯科医師さんから「将来を考えると、できるだけ健康な歯を残しておいた方がいいですよ」というアドバイスをもらったからです。

 

矯正後に歯の中心がズレるのでは?と思いましたが、歯科医師本人(両親も歯科医)も1本だけ抜歯していました。

その人はとても自然に見えたので、アドバイスに従うことにしました。

ナオキ
ナオキ
鏡を見ると、もともと左右対称ではありませんでした。
スポンサーリンク

矯正中でも既に感じているメリット

happy

見た目が良くなる

自分でわかるくらい、変化はすぐ出ます。

特に前歯の並びはみるみる良くなっていきます。

 

数年前の写真と比べると差は歴然。

ナオキ
ナオキ
歯並びきたなっ

私はこれまで放置していたことにショックを受けました。

 

周囲も変化に気付きますし、半年も経たないうちに友達から「歯並び良くなってる」と何度も言われます。

「整形した?」と茶化されることもあるので、口の印象って大事なんだなって感じます。

 

今も装置がついていることはこちらから言わないとなかなか気づかれません。

歯を健康に保つことの大切さに気付けた

矯正中は不便なことも多いです。

矯正直後は、ご飯がおいしくなかったり、話しづらいので口数が減ることもあります。

 

ですが、逆にその経験が歯の大切さを気付かせてくれます。

「歯が健康じゃなくなった後」を疑似的に体験しているような感覚です。

 

ケアをしないと徐々に歯が抜けてしまうこと、

歯の調子が悪いと食事が苦痛になること、

歯を失うと二度と生えないこと、

 

歯がなくなったときのデメリットを本気で考えるきっかけになります。

スポンサーリンク

歯列矯正中の不便なこと

歯

毎月の通院が面倒

1番面倒なのは毎月の通院です。

ワイヤーやゴムの微調整のためですが、休日が通院でつぶれるのは正直不満です。

 

ですが歯科医と相談すれば、長期の海外旅行が可能なことはわかりました。

 

注意した方がいいのは、一旦施術を始めてしまうと転院は難しいことです。

器具が歯科ごとに違うことが理由だそうです。

 

私は施術中に転勤があったので、受け入れてくれる歯科医を探すのに結構苦労しました。

話しづらい

おそらく裏側矯正特有のデメリットだと思います。

器具が舌を動かしづらくするので、活舌が悪い方はさらに悪くなります。

 

私は元々かなり活舌が悪いので、初めの2~3ヵ月くらいは電話で言いたいことが伝わらず困りました。

特に私は「サ行」がうまく発音できず、未だに友達に指摘されることがあります。

食べづらい

装置が内側にあるからです。

 

開始1~2ヵ月は食べられないものはたくさんありました。

  • トンカツ(固くて噛めない)
  • ハンバーガー(大きすぎて噛めない)
  • 骨付き肉(噛みちぎれない)
  • お餅(器具にひっかかる)
  • キャラメル(器具にひっかかる)

食べ物は一口サイズにしないと無理で、ご飯もほとんど噛まずに呑み込む、といった感じでした。

 

半年後くらいまでは食べ物の制限が多かったですし、2年が経った今もリンゴの丸かじりはできません(もともとやってませんが)。

 

ただ、裏側矯正の場合は着色を気にする必要がないので、ワイン、コーヒー、カレーなどは特に気にすることなく食べられます。

歯磨きが大変

器具にたくさん食べ物がひっかかるので、普通の2倍くらい時間がかかります。

 

引っかかっていると違和感しかないので、綺麗にしないと人と話す気になれません。

以下のような歯に引っ掛かりやすいものは避けがちになります。

  • わかめ
  • ほうれん草
  • えのき茸
  • パイナップル(繊維質がひっかかる)
  • 博多ラーメン(細麺が器具の隙間に入る)

 

外出していると、歯磨きができないので苦痛です。

まとめ/善は急げ

以上になります。

 

金属のワイヤーのイメージが強い歯列矯正ですが、今は選択肢がたくさんあります。

柔軟な対応も案外できることがあるので、気になっている人は早めに始めた方がいいと思います。